高村薫 著 『太陽を曳く馬』 (上) 読了、感想など 下巻で展開される「宗教とは」をめぐる対話を期待して

太陽を曳く馬〈上〉 太陽を曳く馬〈上〉の他のレビューをみる» 評価: 新潮社 ¥ 1,890 (2009-07) 本作『太陽を曳く馬』は、『晴子情歌 』、『新リア王 』に続く三部作の第三作目です。 『晴子情歌…

Continue Reading

昨年の連ドラを原作を読んで振り返り、1月からの連ドラを原作で予習しよう!

正月もあっという間に過ぎ、社会人は仕事始め、学生さんもそろそろ冬休みは終わりですねぇ。 1月は、成人の日があるから、中々、休みボケみたいなのが取れませんが。 そして、そろそろ冬のクールの連ドラが始まりますね。 前クールで…

Continue Reading

直木賞受賞後に、なんでこんな小説、発表したか分からない東野圭吾「赤い指」

新聞の書評等で話題にならなかったが、直木賞受賞後、東野圭吾さんが、どんな作品を発表したのか気になって読んでみた。 <ストーリー> 仕事が終わった前原昭夫に、妻・八重子から「とにかく帰ってきて。」と電話が。 詳しい説明を求…

Continue Reading