「ダヴィンチ・コード」について

[`evernote` not found]

ダ・ヴィンチ・コード (上)
ダ・ヴィンチ・コード (上)
ダン・ブラウン, 越前 敏弥
ご存知、ベストセラーの「ダヴィンチ・コード」について語りたいと思います。
この本は、最初に美術関係への記載は全て真実だと断りが入れられています。小説の中で、ダヴィンチの描いた「最後の晩餐」などに今まで一般には知られていない隠された解釈を紹介してあります。
また、シオン修道会や秘密結社、娼婦だとも流布されていたマグダラのマリアについても大きくクローズアップしています。


ダ・ヴィンチ・コード (下)
ダ・ヴィンチ・コード (下)
ダン・ブラウン, 越前 敏弥

物語の発端は、ルーブル美術館館長が何者かに殺さる所から始ります。その館長は、ある秘密結社の総長でキリスト教の秘密の鍵を示すキーストーンのありかを知る3人のうちの1人です。館長は、殺される寸前、暗殺者からキーストーンのありかを知る他の2人も既に殺されている事実を知らされます。“このままでは、キーストーンのありかが永遠に閉ざされてしまう”と思った館長は、残る力を振り絞り暗号とダイニングメッセージを残します。
そのメッセージとは、その晩会う事になっていた気鋭の象徴学者を呼べというメッセージでした。他にも数字の暗号のようなものを残していました。

警部に呼ばれた象徴学者(絵画に描かれてあるシンボルを読み取る学者)は、一面識もない自分に何故ダイニングメッセージでよばれたのかが不思議に感じています。一方、警部の方は、この象徴学者が犯人ではないかと疑いを持っています。その現場に、フランス警察に暗号解読者として勤める館長の娘が現れます。その娘は、あるショッキングな事から父親である館長とは何年も会っていない絶縁状態でした。その娘は、暗号解読者として現場写真から知ったダイニングメッセージを自分の解釈で読み取っており、協力者として象徴学者の力を借りる必要性を感じており、同時に、その象徴学者が犯人として疑われており窮地に陥ってる現状も把握しています。




成り行き上、2人は現場から逃避行します。フランス警察から追われながらも、2人は館長の残したメッセージを自分たちの対場から解釈していきます。象徴学者の方が、その学識から優位に立っていますが。
指名手配を受けながら、2人はキーストーンのありかを知ろうとします。解釈した知見から、スイス銀行に納められていたキーストーンを手に入れたと思ったのですが、キーストーンのありかを示す手紙は暗号でしか解けない機械に封じ込められていました。象徴学者は、そのためキーストーンについて研究をしている親友の学者を頼ります。

ここから、2人の学者が、その娘に説明する形でキリスト教にまつわる秘密やダヴィンチが絵画に残した暗号について紹介されます。
物語は、キーストーンを狙う暗殺者とその黒幕、フランス警察と3者が絡み合い物語が進んでいきます。

推理小説としては、水準クラスなのですが、じょじょに明らかにされるキリスト教にまつわる秘密が面白く興味が尽きません。

関連するテレビも既に幾つか放映されており、再びブームが来ました。
僕は、このキリスト教やダヴィンチが残した暗号をもっと知ろうと副読本の「ダヴィンチコードの真実」を購入し、読んでみたのですが、この「ダヴィンチ・コード」に書かれているキリスト教やダヴィンチに関する記載は、専門の学者の間では、主流の考えではなく、どちらかといえば異端な仮説らしいです。

それでも、「ダヴィンチ・コード」に書かれている事は刺激的でフィクションとしても十分に楽しめます。
象徴学者にトム・ハンクス、娘役にオードリ・トゥ・トゥで映画が公開されています。配役は小説のイメージ通りです。

評価:★★★★半分☆

人気ブログに参加中!賛同いただければバーナーをプチッ押してください!
人気ブログのバーナー

ダ・ヴィンチ・コードの「真実」
ダ・ヴィンチ・コードの「真実」
ダン・バースタイン, 沖田 樹梨亜

まとめて購入するなら送料一括の古本市場(ユーブック)がお得です!
ユーブック



[`evernote` not found]

0 comments Add yours
  1. 「ダヴィンチ・コード」の特番

    昨日、「ダヴィンチ・コード」に関する特番がTV放映されていましたね。もう一枚の「モナ・リザ」探しから、「モナ・リザ」に秘められたダヴィンチの暗号の解読まで、面白く見させていただきました。謎解き好きな私としては、途中でわくわくしてしまいましたよ(笑)こ

  2. カンヌや他のブログの評判は絶対嘘だ!絶対面白い「ダ・ヴィンチ・コード」

    「ダ・ヴィンチ・コード」をやっと観た。中々、観れなかったのでブログでの評判を見ていた。評判は、イマイチだった。カンヌでも拍手が起きなかったという。そんな事は、カンヌでは初めてだという。監督がロン・ハワードと聞いていたせいもあって、僕は実際、観に

  3. 「ダ・ヴィンチ・コード」の感想

    「ダ・ヴィンチ・コード」についての感想をトラックバックで募集しています。 *著:ダン・ブラウン/翻訳:越前敏弥 書評・評価・批評・レビュー等、感想文を含む記事からのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(

  4. 『ダ・ヴィンチ・コード』

    なんだか、しばらく文庫化される気配が微塵もないので、クールビズ仕様な経済状況なのに、とうとう、勝ってしまうま!(でもブックオフで!←かしこい消費者!) 『ダ・ヴインチ・コード』上 下 /ダン・ブラウンいやぁ~!面白い!!面白かったっ!ダ

  5. 映画「ダヴィンチコード」について

    昨日は両親に連れられて映画「ダヴィンチコード」を見てきましたこの映画でどうしても納得できないのがカトリックのトップにある関係者がよりにもよって主イエスキリストの子孫を殺害してきたという設定です問題なのはマグダラのマリアがイエスと結婚して妊娠していたと

  6. TBありがとうございました。ダヴィンチコードの薀蓄は面白いですね。今、私は「天使と悪魔」のバックグランドをに関係している本を読んでいます。こちらも面白いですよ。

  7. 科学史からキリスト教をみる

    ダヴィンチコードの映画も公開されて一ヶ月以上が過ぎ、書店では天使と悪魔の映画化の広告が目立つように変化が見られます。日本代表が予選落ちをするのを待っていたかのようにダヴィンチコードの映画のCMがTVで目立つようになってきました。私の興味も「天使と悪魔」

  8. ダ・ヴィンチ・コード【2006アメリカ】

    ダ・ヴィンチ・コード(2006年アメリカ)原題:THE DA VINCI CODE監督:ロン・ハワード出演:トム・ハンクス/オドレイ・トトゥ/イアン・マッケラン/他よくもまぁあれだけの内容を2時間半という限られた時間に詰め込んだもんです(無理矢理にって感じもす

  9. ゼルダさん、bonejiveさん、コメント、TBありがとうございます。
    bonejiveさん、僕も「天使と悪魔」には興味があります。
    是非、読んでみるつもりです。

  10. ダヴィンチコードの感想1

    いよいよ5月20日から公開の「ダ・ヴィンチコード」。既にカンヌや巷の評判等で大変なことになっています。賛否両論というか、批判が結構めだつ。前田有一の超映画批評(ダメダメ)FACE(とりあえず不出来な映

  11. ダ・ヴィンチ・コード

    神の子を 信じる者こそ 使われる  平塚雷鳥は、こう言ったとさ、「原始女性は太陽であった。今、女性は月である。 他によって生き、他の光によって輝き、病人のような蒼白い顔の月である」と。この太陽は、日本神話の主神の太陽、天照大神(アマテラスオオミカ

  12. ダ・ヴィンチ・コード/ダン・ブラウン

    「ダ・ヴィンチ・コード」は、映画では描ききれないであろう豊富な知識と、綿密なプロットに支えられたエンターテイメント小説です。当初は映画を観るつもりでしたが、小説を読んで正解だったと思います。キリスト教の聖杯伝説に関する記述は、ストーリー展開以上に

  13. どこか遠くへ行きなさい。

    モナ・リザや最後の晩餐、最近では映画「ダヴィンチ・コード」で有名な、 あのレオナルド・ダヴィンチ。 天才画家、異端児、科学予言者、時に同性愛者としてさまざまな顔持つ彼。 まぁ…はっきりいって俺もよく知りません蓮 そんなダヴィンチがこんなシンプル

  14. ダ・ヴィンチコード 続編決定

    ダン・ブラウン著作の大ベストセラーである「ダ・ヴィンチ・コード」がトムハンクス主演、ロン・ハワード監督で公開され、全世界で大ヒットしたのは記憶に新しいですよね。原作で「ダ・ヴィンチ・コード」を読んではまり、「ダ・ヴィンチ・コード」の秘密を解くための解

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください