いずみと僕とマウンテン・カフェ 3

[`evernote` not found]

 

扉から、マスターが、ゆっくり、入るのを、まるで、ハリウッドのレッドカーペットの上を、女優が歩く姿を眺めるように、うっとりとしながら、眺めていた。

「お客さんが、先程からお待ちしてます。」

「こんにちは。私、Web制作をしてまして、此方のお店も、Web展開とかいかがと思いまして。」

草薙は、そう言いながら、名刺を手渡した。

マスターである、しっかりとした性格の雰囲気がある女性は、名刺に目をやりながら、「ホームページの制作ですよね?」と、少し俯き加減に応えた。

僕は、マスターの顔を見やり、細い眉が切れ長であるのを、鋭く、チェックした。

長い眉毛と細くて長い唇が、女性の顔を上品で清楚な雰囲気にしていた。

「そうです。グルメの口コミのサイトには掲載されてますか?」

「私は、知りませんが、潔子ちゃんが、うちの店が、載ってたって。」

と、カウンターの向こうの潔子に目をやった。

「そうですか。口コミサイトに掲載されていれば、そこから、ホームページに誘導すれば、お客さんに、どんな店か、よく知ってもらえますよ。」

「このお店、洒落てるから、きっと、お客さん、増えますよ!」

と、草薙は、店内を見回しながら、言った。

「そうねぇ。口コミサイトで、他人に任せてばかりいられないし。」

「お店も、そこそこだし。」

「お話、聞かせて下さい。」

「そうですか。ありがとうございます。」

草薙は、いつもと違い、私情を挟みつつ、少し力を入れて話を始めた。

「次回までに、簡単なデザイン、お持ち致します。」

「はい。楽しみにしてますわ。」

そうして、草薙は、店を後にした。

 

[`evernote` not found]

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください