「このミステリーがすごい」の1位に輝いた『警官の血』、読了、感想など

[`evernote` not found]

『このミステリーがすごい!2008年版』で1位に輝いた『警官の血』が、面白そうだったので読んでみましたので、感想などをお伝えしたいとお思います。

関連記事:ミステリーが好き・・・ | このミステリーがすごい!2008年版ベスト10 国内編 発表!!



<ストーリー>
昭和二十三年、上野署の巡査となった安城清二。
管内で発生した男娼殺害事件と国鉄職員殺害事件に疑念を抱いた清二は、跨線橋から不審な転落死を遂げた。
父と同じ道を志した息子民雄も、凶弾に倒れ殉職。
父と祖父をめぐる謎は、本庁遊軍刑事となった三代目和也にゆだねられる……。
戦後闇市から現代まで、人々の息づかいと時代のうねりを甦らせて描く警察小説の傑作。

携帯でご覧の方は、コチラ   警官の血 上巻

新刊
セブンアンドワイでお求めの方はコチラ   警官の血 上巻
icon
ビーケーワン(bk1)でお求めの方はコチラ    警官の血 上巻
楽天ブックスでお求めの方は、コチラ   警官の血(上巻)

古本
イーブックオフでお求めの方はコチラ   警官の血
古本市場(ユーブック)でお求めの方はコチラ   警官の血
livedoorブックスでお求めの方は、コチラ   警官の血

<感想(レビュー)>
祖父の清二、息子の民雄と最後には、駐在所勤務を希望するのだが、交番と堂違うのが僕には、よく分からなかった。
駐在所とは、どうやら勤務する警察官の自宅でと一緒になっているようだったが。

3代に渡って警察官となり、それぞれ駐在警察官、公安(潜入捜査員)、監察と3通りの警察官の人生の様子を楽しむ事が出来ます。
ただ、清二は、人の良さそうな朴訥な人物と言う事が伝わってくるのですが、民雄、和也のキャラクター付けが弱いような気がします。
まあ、これは、日本のミステリー全般に言えることかもしれませんが。




また、警察官3代という大河ドラマとなっていますが、壮大さは、あまり感じませんでした。
戦後すぐからの物語なのですが、その時代の空気も感じませんでした。

事件のキーとなる人物も、最初の方でほうで分かってしまいました。

この『警官の血』という物語は、何を事件とするのかといった警察官が従うべき倫理の判断基準を問う物語となっています。

エピローグの祖父の遺品であるホイッスルを孫である和也が吹く場面には、感動を覚えました。

出来としては、及第点といったところでしょうか。

関連記事
ミステリーが好き・・・ | このミステリーがすごい!2008年版ベスト10 国内編 発表!!
ミステリーが好き・・・ | 第138回 直木賞 決定!!

ほかの本ブログもチェック!!
人気ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 本ブログへ

人気ブログのバーナー

ミステリーを読む快感フェア
【楽天ブックス】最新話題のエンターテイメントをチェック
[イーブックオフ]ただいま、3点購入で送料無料キャンペーン中!!
古本市場のオンラインストア  とにかく安い!!送料を無料にするのに2000円にするのが大変なくらい。
本を買うなら、ポイントがお得なlivedoorBOOKSで 1500円以上で送料無料!

ブックオフオンライン

TOPに戻る

JUGEMテーマ:ミステリ
[`evernote` not found]

0 comments Add yours
  1. 「佐々木譲」の感想

    「佐々木譲(ささきじょう)」著作品についての感想をトラックバックで募集しています。 *作品: 「鉄騎兵、跳んだ」、エトロフ発緊急電、ストックホルムの密使、武揚伝、警官の血、笑う警官、警察庁から来た男、ユニット、制服捜査、ベルリン飛行指令、天下城、総督と

コメントを残す