[書評]図解入門 気象学のキホンがよ~くわかる本

[`evernote` not found]

 

気象学の理解に熱力学が必要であるとは、今まで知りませんでした。

図が多く、行間も大きく読み易い。

図解 気象・天気のしくみがわかる事典 図解・気象学入門―原理からわかる雲・雨・気温・風・天気図 (ブルーバックス) 一般気象学 気象予報士かんたん合格テキスト 〈実技編〉 (らくらく突破) ゼロから理解する 気象と天気のしくみ: よくわかる! 気象現象・天気予報・温暖化のメカニズム
by G-Tools

 

 

熱力学もそうだが、ボイル・シャルルの法則、水の相変化など、社会人に縁遠い内容が多く含まれており、本のタイトルは「図解入門 気象学のキホンがよ~くわかる本」となっているが、一般社会人向けというよりも、やはり、気象学関係への進学を考えている高校生、気象予報士の資格取得を目指している人への基本となる本という高度な内容になっており、全427ページと大部の濃い内容の本となっている。

物理学でおなじみの数式は、それほど出て来ない。

人気ブログランキングに参加しています。
よければ、クリックお願いします。
【カテゴリ】に登録している他のブログもご覧できます。

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村

 

//

<A HREF=”http://ws.amazon.co.jp/widgets/q?rt=tf_sw&ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822%2FJP%2Fcinemadaisuju-22%2F8002%2Fcbf2e7b0-6d76-4207-87d3-94f7ca8aa5a3&Operation=NoScript”>Amazon.co.jp ウィジェット</A> 

Facebookページ:KI Communityでは、僕の全てのブログ(その多くは、レビュー・サイト)の更新のほか、様々な情報発信を行っています。
「いいね!」していただければ幸いです。

[`evernote` not found]

コメントを残す