[書評]「図解 気象学入門」(ブルーバックス)社会人の気象学雑学知識取得にピッタリ

  古川武彦、大木勇人 著 「図解 気象学入門 原理からわかる雲・雨・気温・風・天気図」 講談社ブルーバックス 図解というだけあって、図が多く読みやすい。 著者の【中学理科程度の知識を前提に誰でも読める科学書づ…

Continue Reading

「『こころ』はだれが壊すのか」を読んで社会の精神医学化を考える

精神(心)と物質という二元論的見方を許すなら、僕は、精神(心)を重要視する人間である。ハードとソフトなら、ソフトを。 そんな僕が、青春時代を送っていた頃(まさに管理教育の時代:スカート丈が足下何cmが真面目に先生が計り、…

Continue Reading

ベストセラー「99.9%は仮説-思い込みで判断しないための考え方」の紹介

現代思想の分野で、特にフーコーが、我々の持っている“常識”とやらが、歴史的に形成された“あやふやな”なものかを明らかにした。また、精神医学の分野においても、我々が“異常”と訳へだてる“正常”というものも、いかに頼りないも…

Continue Reading