[ 読書日記 ] ドストエフスキー 亀山 郁夫翻訳『 悪霊〈1〉』(光文社古典新訳文庫)

  ドストエフスキーは、好きな作家で、今まで、『罪と罰』、『白痴』などを、高校生時代や社会人になってから、僕の人生の中で別々の時代に読んでいる。 この記事は、『悪霊1』を読みながらメモしてきた事を中心に、ごく簡…

Continue Reading

犯罪と小説 文学を読む意味 ドストエフスキー『罪と罰』を例に 角田光代『森に眠る魚』の紹介を兼ねて

1.はじめに 本記事は、角田光代さんの『森に眠る魚』の物語の背景となるお受験殺人と一般に呼ばれる文京区幼女殺人事件との関係、もっと普遍的に犯罪と小説との関係について『罪と罰〈1〉 (光文社古典新訳文庫)』を例に取り、書い…

Continue Reading

お子さんへのクリスマス・プレゼントにディケンズの『クリスマス・キャロル』を

僕は、子供の頃、親から毎年、誕生日プレゼントなんかに絵本や本をプレゼントされていました。 そのために、本好きとなりました。 最初は、ぐりとぐらでした。 今の時代、絵本とかは売れているらしいですが、小中高生に本をプレゼント…

Continue Reading