「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?―身近な疑問からはじめる」を読んでみた

[`evernote` not found]

本書は、副題にもあるように、身近な疑問から会計学の基本が学べるようになっています。

表題のさおだけ屋は、時折、うちの近所にも現れます。
僕は、職人みたいな玄人が特別な奴を売っているのかと思ってましたが、本書を読むと違う事が分かりました。
なぜ全国津々浦々、さおだけ屋が潰れずにいるかが本書を読むと解ります。手品の種明かしみたいに、聞かされるとなんだと思ってしまいましたが。


他にも本書には、郊外の客が入っていない高級フランス料理店の謎にも迫って会計士として連結経営という答えを紹介しています。

僕が住んでる街も神戸の三ノ宮から1時間という郊外にありますが、このような決して安くとはいえないフランス料理店が幾つか存在します。
本書の例では、納得したのですが、うちの近くのフランス料理店に当てはまりません。客もそんなに入っている様子もないし、前々から疑問に思っていました。
一体どんな秘密が隠されているのだろうかと、今でも疑問に思っています。

他に、在庫だらけの自然食品店の秘密にも迫っていますが、この謎は、この記事を読んでくださっている皆さんにも解けるのではないでしょうか?

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学
さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学
山田 真哉
注)購入を検討の方は画像をクリックしてください。

イーブックオフで購入の方はコチラ!
さおだけ屋はなぜ潰れないのか?―身近な疑問からはじめる会計学

古本市場で購入の方はコチラ!
さおだけ屋はなぜ潰れないのか?―身近な疑問からはじめる会計学icon

中古の場合、Amazonでは商品ごとに配送料340円が掛かりますが、イーブックオフを利用すると1回のご注文につき全国一律 300円(税込)(古本市場ですと399円)です。
まとめて購入するとお得です。1回のご注文が¥1500(税込)以上の場合、配送料無料となっています。(古本市場ですと¥2000(税込)以上)
また、在庫がない場合は、「入荷メール」に登録しておくと、入荷した時、メールで知らせてもらえます。




あと、いつも麻雀で2番手で上がる人や決まって割り勘の支払い役になる人にキャシュフローの考え方の応用を見出したり、本当に身近な話題から会計学の考え方を紹介しており、副題にうそ偽りはありません。

他にも家計では千円単位では口を挟まず、絶対額の大きい万単位の買い物には口を挟むというエピソードには、肯かされました。
なぜなら、10万円の1割は1万円で、日曜食料品の割引よりも絶対額が大きいからです。

全体的にボリュームも少なく、非常に平易な文章で書かれているため大変、読み易いです。また、自分の買い物にも役に立つのではないでしょうか?
一読をお薦めします。

ただ一点、数字に強くなろうという項で紹介されたエピソードで納得できない点があったのですが、それが何だったかは忘れてしまいました。

本書を読み、さらに会計学についての新書が読みたくなった。

人気ブログに参加しています。ご賛同していただければ、バーナーをクリックしてください!

にほんブログ村 哲学ブログ 哲学・思想へ

人気ブログのバーナー

TOPに戻る


Amazonへ

まとめて購入するなら配送量一括のイーブックオフや古本市場がお得です!
これらのサイトでは、在庫がない場合でも入荷した次点でメールで知らせてくれるサービスがあります。

1,500円お買い上げで送料無料!! イーブックオフ

古本市場

[`evernote` not found]

コメントを残す