「戦後教育で失われたもの」を読んで自分の時代を振り返りながら日本の今の教育を考える

[`evernote` not found]

JUGEMテーマ:読書
JUGEMテーマ:新書

ニートや凶悪事件で、マスコミに度々取り上げられている日本の若者であるが、彼らが変わってしまった原因は、果たして何でしょうか?
よく言われるのが教育のせいだと言う声が大きいですが果たしてそうでしょうか?

森口朗著『戦後教育で失われたもの』 (新潮新書)で、著者・森口朗氏は、日本の戦後教育、「平和」「自由」「人権」を中心テーマにして進めてきた教育が日本人に与えた影響を考察しています。

著者・森口朗氏は、教師経験もありますが、現在、東京都庁に勤務しています。
しかし、現在、東京都庁が進めている公立高校の君が代、国旗での教師への管理化の推進委員であるかどうかは、定かではありません。


ニートとは、本来、福祉大国イギリスでブレア政権が福祉政策を見直すにあたって使われた言葉だそうです。
本場イギリスでのNEETの定義は、16歳から18歳の「就労せず、就学せず、就労訓練しない」若者の事を指します。
驚くことにイギリス政府は、行き過ぎた福祉政策で財政逼迫し、それを1980年代に見直すまで失業保険の開始年齢は16歳だったそうです。

また、この時、同時に受給資格を「就労訓練を受けること」を義務付けました。
そうすると、訓練を受けるくらいならお金なんていらないという連中が登場しました。こういう連中をほっとくと食うに困り、何をしでかすか判らない。
こういう連中をNEETと名づけ犯罪対策、薬物対策を講じなければならないということです。

一方、日本でのニートの定義は、15歳から34歳の未婚で無職、非学生のものを指しており、2002年現在で約85万人いるそうです。このニートには、家事手伝いも含まれているそうです。

この数字には、かなり驚きです。新聞等では、イギリスの定義どおり、職業に就くための勉強や努力もしないと言う事が報じられていますが、この本で定義されているニートの中に何万人くらいが、これに当たるのかは非常に興味のあるところです。

20代後半以降にもなって、働かず、働く努力もしない人々がいると言う事はそれだけで驚きです。
そんな連中に将来にわたって膨大な税金を投入されるのではないかと考えるだけで俺は腹が立つ。

僕は、そろそろ中年を意識し、もはや若者ではない事を自覚しているのですが、ニートの定義が34歳までというのは、ちょっとカルチャーショックです。
そんな僕が、著者とともに戦後教育が日本に残したものを考えていきたいと思います。

著者は、ニートがこれだけ増大したのは、「人権」「自由」で推し進めてきた戦後教育の結果だというのです。
なぜなら、生徒の人権に最大限、留保し、生徒の自由を最大限に認めた結果、そんな甘やかされた“保育園教育”から、お客さんの理不尽な苦情に頭を下げ、上司というだけで敬わなければならない理不尽な社会へは、誰も行きたがらないからだと著者の森口朗氏はいうのです。

実際に“保育園教育”で育った若者との付き合いはないですが、インターネット、2ちゃんねる、テレビなどで耳に入る若者像を考えると肯ける部分があります。

僕が大学を卒業する頃、大学を卒業してフリーターをする人が登場し、話題になっていました。90年代初頭の頃の話です。




今では、高校生の進路にフリーターという選択肢が占める割合は、少なくないそうです。
これには、不況下の産業構造の変化が大きく影響していると思います。
スリム化したい企業は、正社員をリストラし、低賃金で済む非正社員を雇うという方針を取りました。

もちろん、フリーターを選ぶ若者の労働に対する意識の変化を見逃せません。
終身雇用制が崩れ、一つの企業に一生就くことは不可能となった今、意識が変わって当然です。
この事は、派遣、ネットビジネス、週末起業、SOHO等、様々な労働形態の登場に如実に現れています。
若者の労働に対する意識の変化に対する深い考察は、資料不足のため、ここでは避けます。

僕が中学生の頃は、校内暴力の時代で、こんな地方の中学校でも、先生に廊下で牛乳瓶、投げつける奴や昼休み、教室でダンスパーティーをしてる連中もいました。尾崎豊の歌ではないですけど、校舎の窓ガラスが割られている事もしょっちゅうでした。
僕よりも少し下の世代では、尾崎豊は、カリスマ的存在または特別な存在みたいですが、こんな中学生時代を過ごした僕には、特別的存在になりようにありませんでした。
なぜなら、僕らの頃は、尾崎豊が歌う歌詞のように、実際、窓ガラス、割れてたし・・・

校内暴力の時代でしたが、同時に管理教育の時代でもありました。スカート下の丈が何cm以下とか決まっていて、マジで先生たちは計っていた時代でもありました。

マスコミで行き過ぎた管理教育が取り上げられるのは、もう少し後のことで、当時は校内暴力で学校が無茶苦茶という報道が多かったと思います。

当時を過ごしたした一人として言わせて貰うと、校内暴力に参加したのは、ごく一部の生徒だけではないでしょうか?
ただし、気分としては学校のやり方、先生のやり方に不満や反発を感じる人は多かったように思います。
かく言う私は、勿論、校則にうるさい学校に反発心はありましたが、遊びに夢中で学校が面白く、毎日、友達と会うのが楽しみでした。

ところが、ど田舎の進学校に進むと、管理教育が徹底しており、息苦しくて仕方がありませんでした。
この時期、大きなストレスを感じ劣等生となっていました。
この時の経験を、脚本家になろうかと思って大学を休学していた時期に、テーマを“管理教育に押しつぶされていく個人の人格”とし、原案をまとめた事もありました。
自分としては、キューブリックの「博士の異常な愛情」を意識していました。
キューブリックはその後、有名な「フルメタル・ジャケット (Blu-ray Disc)」の前半パートで、落ちこぼれの訓練兵のが仲間のいじめと指導兵によるしごきによって、精神に異常をきたすのを描きましたが、僕にとってはカリカルチャされすぎで、イマイチの印象を受けました。

映画等を観るということは一見、受動的なように思えますが、自分の経験や価値観というバファーを通して“観る”ということで能動的な作業です。
これを哲学用語では“パッション”とも呼びます。
したがって、観る人にとって受ける印象はまちまちだと思います。

著者が言う“保育園教育”といのは、ここ10年から20年の事であり、そうでなかった時代の方が長かった事には触れていません。

また、著者は、本書で子供が大人になる過程で共同体で不条理なことに従う経験が必要だと主張しています。
そして、いまだに不条理な世界を温存している部活動に期待を

[`evernote` not found]

コメントを残す