映画化された島田洋七「佐賀のがばいばあちゃん」を読んでみた

[`evernote` not found]

近くの本屋で、この島田洋七の「佐賀のかばいばあちゃん」のシリーズが平積みにされていた。
なんでも、第1作のこの「佐賀のかばいばあちゃん」は、映画化もされているという。
島田洋七は、好きなお笑い芸人でもあるし、面白そうなので読んでみた。

前書きで、島田洋七さんは「お金がないから、不幸」と考えてしまう現代人は、大きな勘違いしているのではないかと問い、「幸せは、お金が決めるものじゃない。」と述べています。
そんな島田洋七さんが、小学2年生から中学を卒業して佐賀を旅立ち、島田洋七さんの生まれ故郷・広島の高校へ進学するまでの、「先祖代々の貧乏」という祖母かばいばあちゃんとの昭和30年代の“明るい貧乏生活”をつづった作品です。



昭和30年代といえば、一般庶民も一応にまだ貧しかった時代であるようだが、島田洋七さんとかばいばあちゃんとの“明るい貧乏生活”は、当時でも突き抜けた貧しさであったようです。

佐賀のがばいばあちゃん
佐賀のがばいばあちゃん
島田 洋七
注)購入を検討の方は画像をクリックしてください!

古本市場を利用される方はコチラ
佐賀のがばいばあちゃん
icon
中古の場合、Amazonでは商品ごとに配送料340円が掛かりますが、古本市場を利用すると1回のご注文につき全国一律 399円(税込) … 今なら、配送料・手数料が294円(税込)です。
まとめて購入するとお得です。さらに特別期間中につき、1回のご注文が¥2000(税込)以上の場合、配送料・手数料無料となっています。

ごはんのおかずは、我が家のスーパーマーケットという市場がある川の上流から流れてきた野菜などを川に仕掛けをほどこし、引っかかったもの。
みんなが剣道や柔道をやっているのを見て、僕もと思った島田洋七さんが、かばいばあちゃんに、そのことを言うと、お金が掛かると島田洋七さんから聞くと「明日から、走りんしゃい。」と言うかばいばあちゃん。それも裸足で。

「佐賀のかばいばあちゃん」は、そんなかばいばあちゃんとの生活を時には笑ってしまうような面白おかしい、また心温まるエピソード毎に、かばいばあちゃんの「楽しく生きる方法語録」を交えて紹介しています。
また、この「佐賀のかばいばあちゃん」には、島田洋七さんの離れ離れに暮らさなければならなかった母親への美しい愛情が底流に流れています。
かばいばあちゃんとの生活だけではなく、島田洋七さんの周囲、友達や先生との学校生活のほのぼのとしたもはや現代の日本に失われしまった心温まるエピソードも紹介されています。

文庫版には最後にそんなかばいばあちゃんの写真が掲載されていますが、とても上品そうな方です。

僕は、何かのためというより、「佐賀のかばいばあちゃん」の世界にどっぷりつかる事をお勧めします。

人気ブログランキングに参加しています!
ブログを続ける励みのためにも、下記バーナーをクリックしてもらえるとありがたいです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログのバーナー

TOPに戻る

エンターテイメント小説へ

《ネットで注文、書店で受け取り》
全国書店ネットワークe-hon
毎日新聞書評コーナー


オンライン書店 boople.comは、送料完全無料!
オンライン書店 boople.com(ブープル)

【楽天ブックス】幅広い専門書を揃えています

楽天で探す




楽天市場

☆★楽天カード新規入会キャンペーン★☆
「楽天カードでポイント生活はじめよう!」



日本最大級!150万点の在庫「イーブックオフ」

書籍をコンビニで受け取りたい方は
セブン-イレブン受取りなら送料・手数料0円で24時間365日お受け取りいただけます。セブンアンドワイ
セブンアンドワイ
書籍50万タイトル e-ministop.com

1500円以上で送料無料!クロネコヤマトのブックサービス

パソコン上で書籍を読みたい人は
新作・名作・話題作の電子書籍が3千冊以上。『ウェブの書斎』はスグ読める

楽天ダウンロードは楽天直営の総合ダウンロード販売サイト。「PCソフト」「PCゲーム」「電子書籍(書籍、コミック、写真集)」のほか、「音楽・楽譜」「映画」などのエンタメコンテンツをダウンロード販売。楽天会員にはポイントが付与されます。
楽天ダウンロードはこちら




小説・マンガ・写真集!電子書店パピレスで、本をパソコンにダウンロード!

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイト!

沢山ある本を売りたい方は
送料無料でご自宅まで集荷いたします。eBOOKOFFのらくらく買取サービス!

眠っている本ありませんか?ライブドアがご自宅まで買取りに伺います。

本が好きな人なら誰でも学べる、まったく新しい通信講座

TOPに戻る

エンターテイメント小説へ

[`evernote` not found]

0 comments Add yours

コメントを残す