後半がなあ、「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」、リリー・フランキー

[`evernote` not found]

今年の本屋大賞のリリー・フランキーさんの泣けるという噂の「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」を読んでみた。
本が好き・・・ | 本屋大賞 2006発表!~簡単な紹介~

よく知らないのですが、最後のリリー・フランキーさんの略歴を見ると、どうも自伝的色彩が濃い作品のようだ。

ボクとその母親オカンと戸籍だけで繋がっている父親オトンをめぐる、ボクが少年時代からの物語である。

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
リリー・フランキー
注)購入を検討の方は画像をクリックしてください。



僕は、ボクの少年時代の話には、感傷的になった。
リリー・フランキーさんは、僕より数年、歳が上のようだったが、僕の少年時代に流行ったものなどが同じであったため、僕も思わず、自分の少年時代を感傷的に思い出したりした。

中学の頃には、あんなことがあったなあ、あんな奴がいたけど、そいつは、今は何してるんだろうと。

今、映画「ALWYAS 三丁目の夕日」がきっかけで、ちょっとした昭和ブームだ。
「ALWYAS 三丁目の夕日」の時代は、東京タワーが建つころだから、時代が高度成長に入る頃なのだろうか。
映画を観ていない僕には、詳しく解りませんが。

リリー・フランキーさんの生まれ育った場所は、福岡で炭鉱が下火になりつつある時代らしいが、僕は、秀吉が兵糧攻めしたことで有名な三木城のある三木市で育った。
三木城主の別所長治が自決したことで、秀吉の計らいで、租税がかけられず、そのため金物産業が盛んになった場所だ。
今でも、テレビで職人が作った包丁などがテレビで取り上げられたりもする。

僕は、この三木市で小学3年生から住んでいる。
三木市といっても、僕が住んでいるところは、山を切り開いた新興住宅地で、昔から三木に住んでいた人はいません。
皆、神戸や京阪神、大阪から一戸建てを持つために移り住んできた人たちだ。

そういう僕も、大阪、京阪神を経て移り住んできた一人だ。

僕の家からバイクで神戸市には、5分も掛からない。
中心街である三ノ宮には、電車で1時間くらい、掛かるが。

今でこそ、住宅でいっぱいだが、僕が移り住んできた20数年前は、住宅もほとんどなく、奇跡的に生協(コープ)があった。
山や田んぼ、ため池、空き地がいっぱいあった。

僕は、よく勉強し、よく遊ぶ子供だった。
ため池でフナ釣りをしたり、空き地で基地合戦や草野球をした。
山には、クワガタがいた。
ミヤマクワガタなんて、いくらでも取れたが、ノコギリクワガタやカブトムシを取った奴は、英雄だった。
みんな、羨望のまなざしで見ていた。

友達も皆、もともと神戸や大阪にいた奴だったので、どこか都会的で、それも僕には、心地よかった。

そんな友達や場所で、豊な少年時代を過ごせたのは、僕の誇りで、本当に良かったと思ってる。

昼間、ほとんど家にはいない僕であったが、僕にも僕なりの母親との思い出がある。

今では、山は新たに切りひかれ、全部、住宅や道路に変わってしまった。
コンビニが沢山ある便利な街にもなった。

そして、僕は、あれほど好きだった魚釣りにも、行こうとは思わなくなった。

こんなことを思い出させてくれたリリー・フランキーさん、ありがとう。

しかしながら、後半がいただけない。
文章を含め、あまりにも感傷的すぎるのだ。

僕は、オカンに美味しい料理を振舞われたボクの友達でもボクの親戚でもない。
そこまで、オカンを大事に思うボクに感情移入できないし、共感も持てなかった。

この「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」は、リリー・フランキーさんの処女作である。
リリー・フランキーさんが本を出すのがこれ1冊なのか、これからも本を書き続けるのかはどうかは知らない。

これからも本を出すおつもりなら、来たらいつでも、「若い人は、いつもお腹がすいているもの」と言って、手作りの美味しい料理を振舞うオカンのことをボクの友人が、いかにオカンのことを大事に思ってるのか、もっと描写して欲しいし、オカンのことを大切に思うボクの気持ちを、もっと共感できる出来事とか文章と描写がほしい。

このままだと、ボクの日記とまでは言いませんが、ボクの友達やボクの親戚のために書かれた非常に個人的な本と言えなくもありません。

人気ブログに参加中!賛同いただければバーナーをプチッ押してください!
人気ブログのバーナー

TOPに戻る

エンターテイメント小説へ

《ネットで注文、書店で受け取り》
全国書店ネットワークe-hon
毎日新聞書評コーナー


オンライン書店 boople.comは、送料完全無料!
オンライン書店 boople.com(ブープル)

【楽天ブックス】幅広い専門書を揃えています

楽天で探す

楽天市場

☆★楽天カード新規入会キャンペーン★☆
「楽天カードでポイント生活はじめよう!」






中古本を購入の方は
まとめて購入するなら送料一括の古本市場(ユーブック)がお得です!
ユーブック

 
 

全ての商品
古本
新品ゲーム
中古ゲーム
新品CD
中古CD
新品DVD
中古DVD

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

日本最大級!150万点の在庫「イーブックオフ」

書籍をコンビニで受け取りたい方は
セブン-イレブン受取りなら送料・手数料0円で24時間365日お受け取りいただけます。セブンアンドワイ
セブンアンドワイ
書籍50万タイトル e-ministop.com

1500円以上で送料無料!クロネコヤマトのブックサービス

パソコン上で書籍を読みたい人は
新作・名作・話題作の電子書籍が3千冊以上。『ウェブの書斎』はスグ読める

楽天ダウンロードは楽天直営の総合ダウンロード販売サイト。「PCソフト」「PCゲーム」「電子書籍(書籍、コミック、写真集)」のほか、「音楽・楽譜」「映画」などのエンタメコンテンツをダウンロード販売。楽天会員にはポイントが付与されます。
楽天ダウンロードはこちら




小説・マンガ・写真集!電子書店パピレスで、本をパソコンにダウンロード!

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイト!

沢山ある本を売りたい方は
送料無料でご自宅まで集荷いたします。eBOOKOFFのらくらく買取サービス!

眠っている本ありませんか?ライブドアがご自宅まで買取りに伺います。

本が好きな人なら誰でも学べる、まったく新しい通信講座

TOPに戻る

エンターテイメント小説へへ

[`evernote` not found]

0 comments Add yours
  1. リリー・フランキー

    リリー・フランキー(Lily Franky, 本名:中川 雅也(なかがわ まさや)、男性、1963年11月4日-、福岡県北九州市生まれ)は、イラストレーター、エッセイストまた、2つのバンドを掛け持ちするミュージシャンであり、さらに東京の街の風景を撮影した写真集の製作にとりか

  2. おでんくん

    ガラスペンは、8本の溝からなる日本独自の筆記用具。女優の山口智子がテレビに出ていてガラスペンというものをあつーく語って話題。万年筆の仕組みで、ペン先は鉛筆のような形ですがガラス。ペン先を中心から見ると四方八方に溝があり、インクがそこに入り

  3. リリー・フランキーのおでんくん

    「おでんくん」は、190万部を突破する大ベストセラーとなった「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」で知られるリリー・フランキー原作の絵本作品(小学館発行)。アニメ化され「天才ビットくん」(NHK教育テレビ)のアニメコーナーに2005年4月8日放送分

  4. リリー・フランキー【東京タワー オカンとボクと、時々オトン】

    たまに東北新幹線に乗って東京へ行くと、電車の窓から見える広告の多さに驚く。ビルの窓に貼りつけられた文字、壁の看板、屋上のネオンサイン。車内に目を転じれば中吊り広告。電車を降りれば駅構内のいたるところにポスター。「ご

  5. 映画化については、ひとつ条件あり《東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~》

    小説[ 東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ ]@吉祥寺でサイン会。先週の日曜日、リリーフランキーさんのサインに行ってきた。30男で、リリーさんにサインをお願いするなんてボクだけだろうと思いきや、本当にボクだけだった。ちょっとこっぱずかし

  6. 東京タワー /リリー・フランキー

    東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~/リリー・フランキー面白かったです。リリーさんのお話ですから、もちろん面白いんですけど。普遍的、皆が通り、感じる話ですから泣けましたね。これを書いている今でも涙が出て来てしまうのは、本を思い出しているの

  7. 『東京タワー』(リリー・フランキー著)を読んだ

     リリーさんは、 江国香織原作の「東京タワー」が映画化されたとき、 「あの、神聖な東京タワーという象徴物を 不倫なんぞというストーリーのネタとして 使うんじゃない!」 と大変に憤慨していた。

  8. 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン〔リリー・フランキー〕

    東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~母親とは?家族とは?普遍的なテーマを熱くリアルに語る著者初の長編小説。(BOOKデータベースより)

  9. 『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~』 リリー・フランキー

    東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン なんと先週は、昨年の7月以来のブログ一週間連続更新でした! ワールドカップ熱にやられたのか? その割には、えらい映画やら本やらを読んでましたが。 ということで、また本読み終えました。 ホントは日曜に読み終えたんだ

  10. 東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~

    ついさっき「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」(扶桑社/リリー・フランキー著)を読み終えました。「今頃かい!」って話ですけど、なかなか読み進めることができなくて・・・。実はこの本、読み始めたのは今年の夏だったのですが、話が終わりに近

  11. ドラマ【東京タワー オカンとボクと、時々オトン】

    「放送まで、あと3日」「あと2日」「あと1日」「ついに放送」…………あのカウントダウン方式の番宣は勘弁してほしかったね。スペースシャトルの打ち上げじゃないんだから。ドラマ自体はとても良かった。オカ

  12. 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

    東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~/リリー・フランキー¥1,575それはまるで、独楽の芯のようにきっちりと、ど真ん中に突き刺さっている。東京の中心に。日本の中心に。ボクらの憧れの中心に。この話は、かつて、それを目指すために上京したオ

  13. 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

    東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~/リリー・フランキー¥1,575それはまるで、独楽の芯のようにきっちりと、ど真ん中に突き刺さっている。東京の中心に。日本の中心に。ボクらの憧れの中心に。この話は、かつて、それを目指すために上京したオ

  14. 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

    東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~/リリー・フランキー¥1,575それはまるで、独楽の芯のようにきっちりと、ど真ん中に突き刺さっている。東京の中心に。日本の中心に。ボクらの憧れの中心に。この話は、かつて、それを目指すために上京したオ

  15. 『東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン』 リリー・フランキー

    笑って笑って、そして泣いた。本を読んで、声出して泣いたのなんて、久しぶりなくらいに、泣いた。読み終わって本を閉じてもしばらく、「うえーん」って泣いてたもん。前半は、面白くておかしくて。会社でお昼休みに読んでて、笑いを堪えるのが大変

  16. 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(リリーフランキー作)』フジテレビドラマ・映画版評判掲示板

    『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』フジテレビドラマ・映画版に関する評判(ブログ記事)を紹介。 ●東京タワーニュース 香椎由宇がフジ月9「東京タワー」のヒロインに大抜擢! 女優、香椎由宇(19)が来年1月8日スタートのフジテレビ系月9ドラマ「東

  17. 『東京タワー』 リリー・フランキー

    いつまでも支えになる、偉大な存在hReview by ☆すぅ☆ , 2005/12/11 東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ リリー・フランキー 扶桑社 2005-06-28    すごいすごい!ダ・ヴィンチ1月号でも5236人の本好きが選んだ「Boo

コメントを残す