大江健三郎「芽むしり仔撃ち」

[`evernote` not found]

この「芽むしり仔撃ち」は、大江健三郎氏のみずみずしい感性で書かれた初の長編作品である。

<ストーリー>
太平洋戦争末期、山中に集団疎開した感化院の少年たちは、疫病の流行とともに、山村に閉じ込められ、完全に外界から遮断される。

見捨てられた少年たち社会的疎外者は、愛と連帯の「自由の王国」を建設しようとする。


しかしながら、様子を偵察にきた村人たちによって、もろくも「自由の王国」は潰えさえねばならなかった。
少年たちは、抵抗してみるものの、ついに屈服せざるを得ない。

ただ主人公の少年だけが、最後まで屈服をがえんぜず、習俗の壁を突破しようとする・・・

芽むしり仔撃ち
芽むしり仔撃ち
大江 健三郎
注)購入を検討の方は画像をクリックしてください。

古本市場を利用される方はコチラ
芽むしり仔撃ちicon
中古の場合、Amazonでは商品ごとに配送料340円が掛かりますが、古本市場を利用すると1回のご注文につき全国一律 399円(税込) … 今なら、配送料・手数料が294円(税込)です。
まとめて購入するとお得です。さらに特別期間中につき、1回のご注文が¥2000(税込)以上の場合、配送料・手数料無料となっています。

この本を読んだ時、“感化院”という言葉を知らず、父親に尋ねると少年の昔の呼び言葉であるらしい。

本書を大江健三郎氏の初期の傑作とよぶ人は多い。

人気ブログに参加しています。ご賛同、いただければ、バーナーをクリックしてください!

人気ブログのバーナー

TOPに戻る




まとめて購入するなら配送量一括の古本市場がお得!

 
 
全ての商品 古本 新品ゲーム 中古ゲーム 新品CD 中古CD 新品DVD 中古DVD
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

[`evernote` not found]

コメントを残す