第140回芥川賞が決定

[`evernote` not found]

第140回芥川賞が、15日、発表されました。
不況による派遣切りや理由の見えない殺人事件など、個人や命が軽んじられる過酷な現実とさまざまな形で向き合う文学の姿を見せていた。
芥川賞選考委員の宮本輝さんによれば、今回の候補作について、選考会でこんな見方があった。
ここ数年、そこそこの生活を送る中で起こるドラマを描くのが定番になっていたが、今回、いい会社にも就職していないギリギリの生活をしている人たちを世の中に提示しようとする傾向がはっきりと出てきたのではないか、というものだ。

その中で津村記久子さんの「ポトスライムの舟」が受賞に決まった。
29歳の契約社員が主人公。NGO主催の世界一周クルージングの代金が年収とほぼ同じと知り、同額をためようと奮起する。夫と離婚の危機に陥った友人が自立するエピソードなど、大学時代の仲間たちとの関係を織り込みながら、女性たちが低収入という現実の中で、人生に向き合うさまをユーモアを交えて描いている。



選考委員の宮本さんは「劇的なドラマが起こるわけでもないが、つつましい生活をしている女性たちは、ちょっとしたいいことがあれば幸福を感じ、ちょっとしたいやなことで不幸を感じる。ささいな縁によって動かされている女性たちの人生が、てらいのない文章でよく書けている」と評した。
その上で「おおかたの日本人は今、よるべない状況に置かれている。私たちの人生において普遍性を持つ作品ではないか」と語った。

asahi.comより。

ポトスライムの舟
ポトスライムの舟 津村 記久子

講談社 2009-02-05
売り上げランキング : 859

Amazonで詳しく見る by G-Tools

携帯でご覧の方は、コチラ   ポトスライムの舟




新刊
セブンアンドワイでお求めの方はコチラ   ポトスライムの舟icon
ビーケーワン(bk1)でお求めの方はコチラ    ポトスライムの舟
楽天ブックスでお求めの方は、コチラ   ポトスライムの舟
紀伊国屋書店でお求めの方はコチラ   ポトスライムの舟

第138回 直木賞受賞作品についてはこちら
ミステリーが好き・・・ | 第140回直木賞が天童荒太さんと山本兼一さんの『利休にたずねよ』に決定!!

ほかの本ブログをチェック!!
人気ブログに参加しています。ご賛同いただければ、バーナーをクリックしてください!

DSで文学全集を!

文學界   すばる   新潮   群像
「毎月」注文なら発送した分だけ後払い。いつでも好きな時に購読中止できます!   雑誌定期購読(マグデリ)

にほんブログ村 本ブログ 純文学へ

セブンアンドワイのセブン-イレブン受取りなら送料0円!
br />

TOPに戻る

JUGEMテーマ:小説全般

[`evernote` not found]

コメントを残す