いずみと僕とマウンテン・カフェ 5

[`evernote` not found]

 

草薙は、Webをデザインした画用紙を手に持ち、マウンテンカフェの前に立ったの前に立った。

しばらく、マウンテンカフェの前でたたずみ、あのカウンターの写真の男のことを考えていた。

・・・・

少し自分が何を期待していたかを考えると、自分が卑しい人間のような気がしてきた。

僕は、マウンテンカフェでWeb制作をしに来ているのに、いったい、なぜ??

時間を少しやり過ごし、マウンテンカフェの扉を開いた。

いつものように、潔子さんと、そして、いずみさんがいた。

僕は、いずみさんの目を避けるようにして、カウンターまで、目線をどこにも合わさずに、2人の前に立った。

「やっと、ホームページのデザインが完成しました。」と、

クロッキー帳を広げた。

「こんな感じになりました。」

いずみさんは、少し、クロッキーの画面に見入っていた。

「そう。・・・・。」 少し首をかしげながら、いずみさんは、しばらく、クロッキー帳を見入っていた。

いずみさんの様子を観察すると、僕から見ると、少し満足していない様子であった。

「少し手直しした方がいいですかね。」

・・・

「そう。そうですね。そうお願いできるでしょうか。」

草薙は、少し気落ちしつつ、また、マウンテンカフェの訪問が、一度、増えたことに感謝しつつ、マウンテンカフェを後にした。

 

[`evernote` not found]

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください