東野圭吾作品まとめ あらすじと感想(レビュー)

[`evernote` not found]

 

この記事は、4ページまで続きます。

著者紹介 東野 圭吾

東野圭吾

1958年、大阪府生まれ。

大阪府立大学工学部卒業。エンジニアとして勤務しながら、85年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。

99年『秘密』で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木賞を受賞。

同書は第6回本格ミステリ大賞、2005年度の「週刊文春ミステリーベスト10」「このミステリーがすごい!」「本格ミステリ・ベスト10」各第1位にも輝いた。

幅広い作風で活躍し、圧倒的な人気を得ている。

本データは『 使命と魂のリミット』が刊行された当時に掲載されていたものです。

Amazon.co.jp: 東野 圭吾:作品一覧、著者略歴

東野圭吾 「天空の蜂」

【この本のあらすじ】

奪取された超大型特殊ヘリコプターには爆薬が満載されていた。

無人操縦でホバリングしているのは、稼働中の原子力発電所の真上。




日本国民すべてを人質にしたテロリストの脅迫に対し、政府が下した非情の決断とは。そしてヘリの燃料が尽きるとき……。

驚愕のクライシス、圧倒的な緊追感で魅了する傑作サスペンス。

【読書感想】

こういう内容の本をあっさり書けてしまうのが、東野圭吾の凄さだ。

 

赤い指

【この本のあらすじ】

少女の遺体が住宅街で発見された。

捜査上に浮かんだ平凡な家族。

一体どんな悪夢が彼等を狂わせたのか。

「この家には、隠されている真実がある。それはこの家の中で、彼等自身の手によって明かされなければならない」。

刑事・加賀恭一郎の謎めいた言葉の意味は?

家族のあり方を問う直木賞受賞後第一作。

【読書感想】

まったく、くだらない作品。

 

殺人の門

【この本のあらすじ】

「倉持修を殺そう」と思ったのはいつからだろう。

悪魔の如きあの男のせいで、私の人生はいつも狂わされてきた。

そして数多くの人間が不幸になった。

あいつだけは生かしておいてはならない。

でも、私には殺すことができないのだ。

殺人者になるために、私に欠けているものはいったい何なのだろうか?人が人を殺すという行為は如何なることか。

直木賞作家が描く、「憎悪」と「殺意」の一大叙事詩。

【読書感想】

http://book.ki-blog.biz/%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC/%E6%9D%B1%E9%87%8E%E5%9C%AD%E5%90%BE/%E6%9B%B8%E8%A9%95%E6%9D%B1%E9%87%8E%E5%9C%AD%E5%90%BE%E3%80%8C%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E3%81%AE%E9%96%80%E3%80%8D/

[`evernote` not found]

コメントを残す