[書評]東野圭吾「殺人の門」






 

【この本のあらすじ】

「倉持修を殺そう」と思ったのはいつからだろう。

悪魔の如きあの男のせいで、私の人生はいつも狂わされてきた。

そして数多くの人間が不幸になった。あいつだけは生かしておいてはならない。




でも、私には殺すことができないのだ。

殺人者になるために、私に欠けているものはいったい何なのだろうか?

人が人を殺すという行為は如何なることか。

直木賞作家が描く、「憎悪」と「殺意」の一大叙事詩。

【読書感想】

「読んだ」ではなく、正確には「途中まで読んだ」もっと正確には「馬鹿馬鹿しくなり、途中で読むのをやめた本」

どうせ主人公は、誰も殺せないのだろう、もしかしたら、ラストでついに憎きアイツを殺したのかもしれない。
しかし、そんなことは、どうでも良いのだ!!

 






コメントを残す