伊坂幸太郎著 『ゴールデンスランバー』~僕にも“あの頃”と呼べる青春時代があった~

[`evernote` not found]

 

 

首相暗殺の濡れ衣を着せられた男の話なので、スリリングな話かと思えば青春小説の趣であった。また、監視社会と首相テロの話ということで『魔王』のような不気味な話を期待しながら読んだが、それとも違っていた。
最後まで読んでも、全ては明らかにされないのだが、セキュリティポッドで携帯電話の盗聴、盗撮できる監視システムが完備している時代としては、主人公・青柳雅春をはめる手段はアナログであった。
ただ、読後感は良かったです。

ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー
新潮社 2007-11-29
売り上げランキング : 498
おすすめ平均 star
starこれは面白かった!かなり。
starまさか文章下手なのか?伊坂作品は初めて。面白い
star娯楽大作です

Amazonで詳しく見る

by G-Tools

携帯でご覧の方は、コチラ   ゴールデンスランバー




新刊
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)でお求めの方はコチラ    ゴールデンスランバー
icon
ビーケーワン(bk1)でお求めの方はコチラ    ゴールデンスランバー
(3000円以上の購入で使えるギフト券を使えば、お得!!今月のギフト券コードは「09affivc01080131」です。)
livedoorブックスでお求めの方は、コチラ   ゴールデンスランバー
ブックオフオンラインでお求めの方はこちら   ゴールデンスランバー

古本
イーブックオフでお求めの方はコチラ   ゴールデンスランバー
古本市場オンラインでお求めの方はコチラ   ゴールデンスランバー
icon

<ストーリー>
冴えわたる伏線、印象深い会話、時間を操る構成力……すべての要素が最強の、伊坂小説の集大成!!

仙台での凱旋パレード中、突如爆発が起こり、新首相が死亡した。同じ頃、元宅配ドライバーの青柳は、旧友に「大きな謀略に巻き込まれているから逃げろ」と促される。折しも現れた警官は、あっさりと拳銃を発砲した。どうやら、首相暗殺犯の濡れ衣を着せられているようだ。この巨大な陰謀から、果たして逃げ切ることはできるのか?

<感想>
「ゴールデンスランバー」とは、ビートルズの最後のスタジオ録音のアルバム「アビィ・ロード」の中の短い曲のことなのですが、ある程度、ビートルズのことを知っていれば、実際は、この『ゴールデンスランバー』に出てくるような録音時の美しい話は全くなく、事実は真逆である。

ご存知のとおり、ビートルズのメンバーは4人ですが、この『ゴールデンスランバー』に出てくる主人公たちも4人である。
しかし、それぞれジョン・レノン、ポール・マッカトニーなどそれぞれの性格やポジションを反映しているわけではない。

この『ゴールデンスランバー』には、ビートルズの「ゴールデンスランバー」の一節、「Once there was a way to get back homeward」(昔は故郷へ続く道があった)が繰り返し、出てくる。
「帰るべき故郷」を、主人公らの青春時代「あの頃の俺たち」と繰り返し、振り返っている。
僕にも「あの頃の俺たち」と呼べる奴等との青春時代があった。
そんなことを思い出させてくれる作品であった。

この本は、昨年の本屋大賞を受賞している作品であるが、僕はそれほど高く評価しないが読んで損はない作品であった。

そして僕は、今、久し振りにビートルズを聴いている。

ほかの本ブログもチェック!!
人気ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
人気ブログのバーナー

JUGEMテーマ:ミステリ

セブンネットショッピングのセブン-イレブン受取りなら送料0円!

[`evernote` not found]

コメントを残す